JVOC | Japan Veterinary Ophthalmic Conference

 近年では、動物医療においても専門性の高い医療サービスが要求されるようになってきました。なかでも眼科診療は、飼い主様、獣医師双方にとって、治療の巧拙が明瞭となる領域であり、かつ動物においても視覚の有無は生活の質に直結するため、高い専門性が要求される分野です。しかし、我国では専門診療体制が整備されていないため、全科診療の動物病院における眼科診療の質の向上が重要です。このような背景から、JVOC は一般臨床獣医師への系統だった眼科教育の啓蒙、眼科二次診療施設における情報公開、を目的に2008 年に結成、2010 年より一般社団法人として活動しております。
 主な活動として、普遍性のある知識の普及を念頭に、臨床獣医師が習得すべき知識を13 講座16 時間で履修するカリキュラムで作成し、獣医眼科基礎講習会として東日本地区を中心に開催しております。講師には、獣医眼科領域の研究と臨床双方に実績と意欲のある若手獣医師を選任、精力的な講義を実践しております。また年次大会では、獣医一般診療において関心の高い疾患について、質の高い最新の眼科情報の提供を行っております。さらに活動の一環として獣医眼科手術研究会を組織し、ここでは検討会を定期開催し、獣医眼科外科に関する基礎的かつ論理的な情報の共有と向上を図っております。
 JVOC は、人と共生する伴侶動物の眼科疾患に対し、よりよい環境が提供できることを望んで活動を続けてゆきたいと考えています。

2019/04/17

第40期獣医眼科基礎講習会&症例カンファランス PDFファイル

◆埼玉会場
2019年6月26日(水) 18:30〜21:30
③角膜・強膜(2コマ)
◆東京会場
2019年6月30日(日) 15:30〜18:30
⑦眼科検査と診断(2コマ)
◆神奈川会場
2019年7月18日(木) 18:30〜21:30
②結膜と瞬膜 ⑩前部ぶどう膜

参加のお申込はお申込フォームからお願い致します。
FAXの方はお申込書にご記入、プリントアウトの上、下記番号へご送信下さい。
FAX:03-6454-9810
その他お問い合わせは下記アドレスにお願い致します。
E-mail:confe@jvoc.jp

2019/04/28

2019年記念年次大会 PDFファイル

会 場:御茶ノ水ソラシティ
    https://solacity.jp/cc/access/
日 時:2019年7月14日(日)
「今日までの10年、そしてこれからの10年
―小動物臨床における涙液量検査、その意義と実際―」

参加のお申込はお申込フォームからお願い致します。
FAXの方はお申込書にご記入、プリントアウトの上、下記番号へご送信下さい。
FAX:03-6454-9810

2019/04/28

2019年年次大会一般演題募集/一般演題講演要旨作成要項 PDFファイル

演題登録フォーム(http://www.jvoc.jp/entry-2019jvoc.html)に従って記入の上、送信してください。
要旨の作成につきましては「一般演題講演要旨作成要項」をご参照の上、事務局(info@jvoc.jp)へご提出ください。
講演要旨提出の締切は5月31日(金)とします。

2019/04/28

COSDワークショップ  

日時:2019年7月13日(土)13:00~18:30
会場:御茶ノ水ソラシティ[Room B]
詳細はCOSD Workshopのホームページhttp://cosdw.com/をご確認ください。
<参加費>事前登録費20,000円 当日登録費25,000円
参加のお申込はお申込フォームから第11回COSDワークショップを選択して下さい。

COSDワークショップとは?
COSD-workshopは2014年の3月に,UC DavisのDavid Maggsとトライアングル動物眼科診療室の齋藤陽彦が発起人となり立ち上げた,犬猫の眼表面疾患に特化したワークショップ(Comparative Ocular Surface Diseases workshop)です.
毎年2月にニセコで,また過去には東京での開催やACVOと共同でアメリカでも開催いたしました.今回JVOCの年次大会前日に11回目となるワークショップを東京で開催することとなりました.今回は,角膜の感染症をテーマに開催いたします.詳細はcosdw.com (英語でのページとなります)を御覧ください.

2019/04/17

日本動物病院会 NAHA 継続教育プログラム 第90回国際セミナー PDFファイル

獣医眼科基礎講習会&症例カンファランス 並びに 獣医眼科手術研究会 ご参加の先生方へ

日本動物病院会 NAHA 継続教育プログラム 第90回国際セミナーのご案内を添付させていただきます。
Dr Gia Klauss「眼科診療に磨きをかける!」の講演のご案内です。

2016/01/19

ぶどう膜炎診療ガイドライン 2015年 PDFファイル

JVOC2015年年次大会において作成致しました、
ぶどう膜炎診療ガイドラインをダウンロードしてご覧いただけます。

※18ページ目 III.免疫介在性ぶどう膜炎 1. 水晶体起因性ぶどう膜炎 の記述の誤りを修正しました。